スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

夢の島まで行ってきた

れっつ、らぱんげ!








本日はせわしない世間を離れ、自然にふれあいに、

友人『T』君と、

夢の島公園まで行ってきた。



Tのバイクの後ろに乗り、夢の島公園到着!!



ざ「いや、マジ久々だなぁ!」

T「俺も、中学以来かな!」



とりあえず、ぶらぶら公園を歩いて探索。

Tが立て看板を発見。




T「ザマン!なんか、ここに第五福竜丸があるらしいよ!」

ざ「まじっすか!?原爆実験か何かに被爆した船でしょ!?」

T「原爆じゃなくて、水爆だけどね。」

ざ「いやー、マジ見てぇよ!!ガイガーカウンターもってったら反応したりしてね!」

T「うははは!それは危険すぎでしょ!」

ざ「これは、是非おがんでいくしかないっすな!!」































20061212214924.jpg


閉まってた。
























気を取り直して、探索再開。



そう、俺にはここにきて

やらなくてはならない目的があったんだ。






ざ「とりあえず、ここに来たら熱帯植物園にいかないとな!」

T「なんたって、自然にふれあいにきたんだもんね!」

ざ「そう!!俺はその為にここまできたんですよ!いわばメインイベントといっても過言ではない!」

T「いやー、俺も植物園は久々だなぁ、マジいきてぇよ!」
































20061212215056.jpg


閉まってた。















帰り道、腹が減ったのでラーメン屋に寄る事にした。


普通にラーメン屋に入ったのでは面白くないので、


どんなに寂れていても、


今から、三軒目のラーメン屋に入る事にした。




T「どうするよ、すっごいまずそうなラーメン屋だったら。」

ざ「いや、それでも入らないと負けでしょ!」

T「まじっすか!?」

ざ「大丈夫だよ、最近まずいラーメン屋なんてそうそうないから!」




バイクで走って15分ほどの所に三軒目のラーメン屋発見。

見た目はどこかのチェーン店っぽい感じ。



ざ「ここなら、安心でしょ。」

T「いやー、普通な感じでたすかったわ。」



入ったら、客がだれもいなかったのがちょっと引っかかるが、

とりあえず、つけ麺を2つ注文。



味はごく普通な感じでまずまずのうまさ。



つけ麺を食べ終わる頃、なにやらどんぶりの底に赤いものが、








「!?」






















20061212215245.jpg


当たった。









ざ「T、ちょっとコレ・・・・」


T「ザマンどうしたの?」


ざ「いや・・・なんか、

  当たったっぽい・・・。


T「え、なにそれ!?俺のどんぶりには何にも書いてないよ。」


ざ「これは・・・・・・、もしかして、何かあるの!?」


T「ちょっとまって、メニューになんか書いてあるか見てみる。」



メニューを探しても何にもそれらしいことは書いてなく、

店内を見渡しても、それらしい事は何も無かった。

しかたが無いので、

会計の時に店の親父に聞くことに。



ざ「あのー、どんぶりに当たりってでてたんですけど、何かあるんですか?」








店長は満面の笑みを浮かべて答えた。














「ああ、今は何もやってないか、なんもないんですよ!」






ねぇのかよ!!



そして一体昔には何が?







ぐっばいらぱんげ!
スポンサーサイト
00:00 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ハチミツとクローバーを買いに行った | top | トラウマムービー

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://rapange.blog85.fc2.com/tb.php/3-78a02013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。